最近話題の「便利屋」とは?

便利屋で生活も暮らしやすい状況になる

便利屋の開業では古物商も

便利屋の開業では出来れば古物商の資格も持っていたほうが良いです。
資格というよりは許可なのですが、要するに買取業務ができるようになります。
そして、それを売ることもできますから、便利屋としてはとてもお勧めできる部分になります。
便利屋自体は特に許可が必要ない行為が多いですが、どうしても不用品の処分のためにお金を貰ったり、或いはこちらで買取ったりしますと売ることが発生します。
自分でそれを処分するなり、誰かに売る行為が必要になりますから、それが古物商の範疇になってしまうからです。
そこまで難しいことではなく、あくまで条件を満たしていれば、警察から許可を得ることがかなり容易にできます。
どんなことでもするわけですから、物の処分もしますので、廃棄物関係のルートも持っていたほうが良いですから、開業するときには探すべきです。
車も必須ですが、営業車として使えるタイプがよいです。
極端に大きくなく、しかし、それなりに物を積み込める車がよいです。

便利屋を開業するときにやっておくべき3つのこと

他の業種と同じように、便利屋を開業するときにも、事前の市場調査が非常に重要になります。
ろくに市場調査を行わないで営業を始めてしまった場合、後で近所にライバルとなる同業他社が営業していることを知ったり、顧客となる住人の数が少なかったことがわかったりと、致命的なミスを犯すことにもなりかねません。
最低でも、営業圏内に同様のサービスを提供している企業がいるのかを調査しておくべきでしょう。
また、既にライバル企業が存在していた場合、どのようなサービスを行っているのかや、その料金、近所での評判などの情報収集をしておくと、適切な営業戦略の構築に役立てることができます。
次に、便利屋としての店舗を構える場所の決定も重要です。
広告宣伝費にあまり費用をかけずに、営業していることを周知できるように、人通りが多い幹線道路に面した場所に営業拠点を構えるのが理想です。
但し、目立つ場所は賃料もそれなりに高くなることから、費用対効果を勘案して決定する必要があります。

おすすめWEBサイト 5選

不用品回収を横浜で検討

Last update:2018/9/21